【次亜塩素酸水の使い方】そもそも次亜塩素酸水ってなに?安全性は?

【次亜塩素酸水の使い方】そもそも次亜塩素酸水ってなに?安全性は?

次亜塩素酸水は塩酸または塩化ナトリウム水溶液を電気分解することにより得られる、次亜塩素酸(HClO)を主成分とする水溶液です。

安全で優れた殺菌能力を持ち、水道水で薄めて濃度を変化させることで、様々な用途に利用ができます。

除菌や消臭が行われると「ただの水」にもどるため安全性が高く、インフルエンザウイルスやノロウイルスの予防・対策に限らず、子供やペットにかかわる除菌や消臭にも使いやすいという特徴があります。

メーカーや製法、濃度によって価格は違いますが、1Lあたり1,000~2,000円と安価でもあり、用途によっては希釈して使用することもあることから、とてもコストパフォーマンスの良い商品です。

次亜塩素酸水の安全性

次亜塩素酸水の安全性を示すものとして厚生労働省による食品添加物指定があります。

食品添加物といえば「口に入っても安全なもの」ということで、除菌・消臭などを用途とするものである次亜塩素酸水がいかに安全性に優れているかを裏付けています。