次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水は食塩や塩酸を水に溶かして電気分解することによって得られる水溶液で、食品加工等において洗浄や消毒のために使用される食品添加物*としても知られています。
ウイルスや菌の除菌や消臭に使われており、新型コロナウイルスの感染拡大により除菌用品としての注目が急激に高まっています。

*食品添加物として使用される次亜塩素酸水は製造の基準、成分の規格、品質確保の方法が食品添加物公定書により定められています。

次亜塩素酸ナトリウムとは?

次亜塩素酸ナトリウムとは、水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を通じて得られる水溶液で、次亜塩素酸水とは全く異なるものです。ハイターなどの塩素系の漂白剤や殺菌剤などとしてよく知られています。また、プールの殺菌にも使用されています。

SPWater1000(次亜塩素酸水)と次亜塩素酸ナトリウムの違い

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

次亜塩素酸水による除菌用商品

高濃度1000ppm次亜塩素酸水

高濃度1000ppm 次亜塩素酸水 4L + 空ハンディースプレー200ml容器

  • ウイルス除菌や感染防止
  • 原液をスプレーして拭き取りウイルスを不活化
  • 様々なシーンにて希釈使用可能
  • 独自のノウハウにて長期保存可能(3~6ヶ月)
  • 手荒れや環境負荷が少ない弱酸性

ご使用方法

原液:ウイルスや菌の強力除菌に

  • 原液をスプレーボトルに入れ、布に吹きかけ処理をしたい箇所をお拭きください

2倍希釈:インフルエンザやノロウイルスの不活化に

  • SPWater1000:水道水を1:1の比率でスプレーボトルにいれ、布に吹きかけ処理をしたい箇所をお拭きください

5~10倍希釈:通常使用に。生活空間の除菌や消臭に

  • SPWater1000:水道水を1:4~9の比率でスプレーボトルにいれ、スプレー散布してお使いください。布に染み込ませお掃除の仕上げとしての拭き取りにも適しています。消臭用途でのご使用時に塩素の匂いが強い場合はより薄めてください。

次亜塩素酸水に関するよくあるご質問

Q: 次亜塩素酸水とはなんでしょうか?殺菌効果はありますか?
A: 塩酸または食塩水を電解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液で、漂白や殺菌、抗菌の効果があります。

Q: 次亜塩素酸水が目に入った場合はどうすればよいでしょうか?
A: 原液が目に入った場合はすぐに水で洗い流してください。目に異常が見られる場合は眼科医にご相談ください。

Q: 次亜塩素酸水は飲んでしまっても大丈夫なのでしょうか?
A: 次亜塩素酸水は食品添加物として指定されており、誤飲したり皮膚についても安全と言われていますが、食品添加物の規格基準では最終食品の完成前に除去しなければならないと定められています。
また、食品添加物として使用される次亜塩素酸水は製造の基準、成分の規格、品質確保の方法が食品添加物公定書により定められています。
除菌用の次亜塩素酸水や成分の規格が不明の次亜塩素酸水は飲まないようにしてください。

Q: 次亜塩素酸ナトリウムとの違いはありますか?
A: 次亜塩素酸ナトリウムとは溶液中での存在状態に違いがあります。次亜塩素酸ナトリウムは、pH が強いアルカリ性なので成分の多くは次亜塩素酸イオン(OCl−)の型で存在しています。直接触れると皮膚を痛めたり、他の酸性のものを混ぜると有毒ガスを発生する恐れがあるため、使用する場合は注意が必要です

MENU